最高裁判決

裁判所さまざまな法律がある中で、B型肝炎の特別措置法は、平成24年の1月に施行されています。B型肝炎特別措置法と呼んでいますが、正式名称は特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法という長い名前です。法律のほとんどは、こうした長い名前がついているため、わかりやすい短縮名を使うことが多くなっています。集団感染が社会的に大きなB型肝炎問題となり、迅速な解決を目指すひとつの手段として、給付金を支給するかたちを約束したものと考えることができるでしょう。

注目しなければいけないのが、平成27年の3月に除斥期間を経過した場合の和解に関する基本合意書です、これが締結されたことで、平成28年にB型肝炎特別措置法は改正されることになりました。請求期限が延長されているところがポイントであり、発症から20年が経過していても給付金を支給することが約束されました。救済策としても重要な意味を持っているでしょう。

B型肝炎ウイルスに感染した被害者は、国に対して損害賠償の集団訴訟を起こしています。結果としてみれば、最高裁判所が国の責任を認める判決を下しました。これによって、和解の基本合意書が締結されることとなり、国は対処に乗り出すために法律を制定しています。法律によって手続きが進められるようになったため、給付金も明確に定められるようになったのは、被害者にとって大きな意味があるでしょう。