B型肝炎の問題

人類の歴史を見てみると、これまでさまざまな病気と闘ってきました。感染症もそのひとつで、多くの被害を生み出してきています。非常に怖いものでもあり、多くの原因がありますが、集団で感染してしまう可能性もあることから、いかに対策をしていくかが問われてきました。日本では、B型肝炎集団感染が問題となってことがあります。自分たちで防ぐことができなかった被害なのは、予防接種から集団感染被害へと拡大していったからです。現在ではありえませんが、注射器を使いまわしていたことによって、大きな被害を生み出すに至りました。行政の指導にも問題がありましたが、非常に危険なことは現代ならわかります。ところが、当時はその危険性を認識しておらず、予防接種というかたちに潜んでいたこともあり、驚くべき速度で拡大していきました。

B型肝炎実際にB型肝炎に関しては、すぐに大きな被害になってしまう感染症ではなかったところが重要です。薬を飲むことによって、生活に大きな影響を与えずに済むようにはなりました。それでも、症状が悪化してしまえば、健康に大きな被害を生み出し、死に至るケースも出てきます。国も被害の大きさを鑑み、法律で給付金を支給するかたちをとりました。B型肝炎特別措置法が当たりますが、大きな対応となってくるでしょう。

細かな部分もある法律ですが、感染者にとっては重要な意味を持ってくる法律です。知らないということが大きなデメリットにもなっていきますので、参考にしながらどんな法律なのかを考えてみてはいかがでしょうか。
まずは最高裁判決について説明していこうと思います。